新型コロナウイルス感染症対策の取り組みにつきましてはこちらをご覧ください

美味しい巻き寿司

シャリの量は具材の量によって変える

巻きずしに関しては、ネタとシャリのどちらが大切か?など人によって意見は様々です。
ここでは、そういった議論は置いておいて、ネタとシャリのバランス重視で、つくっていただければと思います
理由は、シャリと具材のバランスが、巻きずしの味を決めてしまうと言っても過言ではない程、シャリと具材のバランスは重要だからです。
どんなに新鮮な具材でも、具材が多すぎると味がまとまりませんし、シャリが多すぎても味のバランスは保てません。
今回の具材であれば、250gのシャリが丁度良いですし、シャリの温度も、冷たすぎると糊の上でシャリが広がりにくくなるので、だいたい人肌程度の温度のシャリでつくっていきます。 また、写真だけだと、わかりにくい部分もあるので、実際に巻き寿司をつくっているところを動画で撮影いたしました。 動画を見落とさないよう、出来るだけゆっくりとつくってもらいましたので、動画も併せてご覧いただければと思います。

今回使用した具材(シャリは1本で250g)

かんぴょう、椎茸、海老

玉子

桜でんぶ

三つ葉

巻き寿司の手順

  1. 海苔は、光沢がある方を下向きにして置きます。
  2. シャリ(250g)を海苔の上に置き、広げます。
    その際、左右と向う側のふちを高くすると、巻いたとき均等になります。
  3. かんぴょうを乗せます。
  4. かんぴょうの上側に椎茸を乗せます。

    1. 椎茸の上側に桜でんぶを乗せます。
      (細かい具材を向う側にすると、ばらけず巻きやすくなります)
    2. かんぴょうの下に海老を並べます。
    3. 玉子を乗せます。
    4. 玉子の上側に三つ葉を乗せます。

    1. 力を入れすぎず巻いていきます。
    2. 巻き寿司を横から見て、シャリが均等になっていれば成功です。

    こちらが実際の動画です。

    巻き寿司を切って完成です。

    巻き寿司・刻み食の場合

    1. 具材を小さく切り刻みます。
    2. スプーンを使いシャリに乗せていきます。
    3. 全部乗せ終わったら巻いていきます。
    4. 海苔は、刻みのりを使用しています。

    お稲荷さんもご紹介します。

    1. 胡麻をふったシャリを使います。
    2. 右手で適度な大きさのシャリをとって。
    3. 包んでいきます。


    いかがだったでしょうか? ご自宅でもチャレンジしていただければ幸いです。
    人気の高いお造りの作り方は下記バナーからご覧いただけますので、是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました